TOP   企業情報   工事実績   お困りマンホールさよなら工法  
 (グッバイトラブルメーカー)
  トピックス  社長の春秋   maruteking
人生ぼちぼち 

 社長の春秋 

 第7回 『第63期 経営計画発表にあたり』

 H28.8.1

【第63期 経営計画発表にあたり】 


昨年、我が社が90周年を迎えた年の12月、先代風間社長が宣言通り60

歳を迎えると退任され、私が社長としてスタートする事になりました。その

為、今期の経営計画発表会は、本当の意味での第一歩を歩みだす責任と使命

感でいっぱいです。我が社は、大正14年に鳶請負業として創業して以来、

官庁工事を中心とした総合建設業として現在の風間建設の礎を築かれ、社会

環境の変化に対応すべく民間受注を増加させる等、それぞれの時代に合わせ

た工夫により90年という社歴を築いて来られたと思います。その歴史と伝

統、これまで培ってきた信頼と実績を背負っていく事を考えると肩に力が入

り過ぎ、空回りしてしまいそうです。

今期の経営計画について、私自身何か特別に新しい事を行うというよりは、

社員の皆さんが喜びを感じ、安心して仕事に従事できる会社である事、それ

によりお客様に対し良いサービス、建造物を提供出来る会社づくりを行って

参りたいと思います。その為には、先代から受け継がれた「基本理念」を今

一度掘り下げ、社員全員の価値観の共有を深める事で、行動の基準や仕事の

道具として活用し、皆さんの胸の内に誇りと自信を抱いてもらいたいと思い

ます。

社員の皆さん、共栄会の皆さんと共に一致団結し、いつまでもお客様に支

持される会社を目指して参りたいと思いますので、今期も宜しくお願い致し

ます。

                                基本理念

                  
                  我社の使命と行動の原点
          
           万全の組織と高い技術力を持ち 常に最良の建造物を
                  
                  提供することを目的とする。

「万全の組織」とは、

・発注して下さったお客様に対し、我が社に何を期待し発注して下さった

かを
考え、その期待を上回るサービスの提供です。私たちはその為の提案

や苦情が出来る様に自己研鑚を惜しまない組織です。

・台風・大雪・地震などの災害に対し、防災活動や復旧活動を建設業とし

ての力を動員し地域の方々にお役立てする事が出来る組織です。

「高い技術力、最良の建造物を提供する」とは、

・つくる人が使う人の思いに寄せた技術を駆使する事であり、ただご依頼

通りに完成させるだけでなく、利用して満足頂ける事です。

・成果品を生み出す過程(風間基準)に於いても重要と捉え、それが私た

ちの「ものづくりの原点」と考えます。

平成28年8月1

代表取締役 佐藤 好孝
                         

 

 KAZAMA GENERAL CONSTRUCTIONS TECHNICAL INDUSTRY CO. since1925